スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告] #

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Permalink | Comment(-)

粘りつく指先の移動

2006/07/11(火) 21:40:31 [日々] #

海岸の道

蒸暑さに動きも鈍るのが最近である。天気は冴えない。ときをり日が差すかと思へば、黒い雲が山の姿を隠す。それでも夕方、やうやく海岸に。いつかの続きで、車を停めて歩き出す。

海を区切る

風は涼しい。だが浴びてゐると何もかもが濡れてくるやうだ。カメラを支へる指先に粘りを感じる。唇を舐めた味は汗か潮か。

小さな海水浴場へ出る。平日の午後五時過ぎに、ましてこの天気で泳ぐ人はゐない。護岸の階段に腰かけるのは、近所の老人達、学校帰りの仲良し中学生、体を寄せ合ふ男女。皆一様にいくらか波の強い海を見てゐる。

小さな海水浴場

さらに行くと漁港。このあたり(わたしの住む町でも)小さな港は点々とあるのである。ここは峠の上から見たことがあつた。歩いて来るのは初めてだつたか。丘の家並や防波堤の灯台が好ましい。港の造作に古さを感じる。またここへ来ようと思つた。次は夕陽の美しい日に。

漁網

Polaroid ProCam + Spectra film

Permalink | Comment: 2

Comment


こんばんは。
海岸の道 の 写真、とても好きです。
自分も こんな雰囲気のある写真が撮れたらいいな、と憧れました。

2006/07/11(火) 22:42:21 | URL | 蓮井 [ 編集]


いやあ、こんな道がずっと続いてゐるわけで。
歩いてゐると、自分の心のなかへどんどん気持ちが向いて、後悔したり、妄想したりで、頭が変になりさうです。

2006/07/11(火) 22:57:59 | URL | 汐 [ 編集]

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。