スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告] #

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Permalink | Comment(-)

準備されたデカルコマニー

2011/06/07(火) 23:48:32 [tip] #

FI800_peeling

Fujifilm Fotorama 800X + FI-800GT film(expired)

フォトラマFI-800GTフィルムの裏面を、撮影直後に剥がしてみた。何の気無しにやつたことだが、画面が汚れる。現像の進行にともなつて模様が出てくる。繰り返してみたが、模様は同じやうにはならない。濡れた液を挟んでゐた二面を剥がすのだから、ほぼ偶然任せになる。また、濡れた面は傷がつきやすい。

エルンスト風の模様であつて、あらかじめ「塗つてある」デカルコマニーとも言へなくもないが、これはシュルレアリスムだと言ふ気になるほどではない。あんまり美しくない。

フォトラマの二つのフィルム:FI-800GTとACEは、別部品の枠で縁がとめられてゐないため、剥がすのが容易だ。だからできることである。これらのフィルムは既に製造中止となつてしまつたが、まだまだ発見があるのだ。

Permalink | Comment: 2

Comment

フォトラマ好きだったのに
 お久し振りです。
 フォトラマ好きで良く使っていましたが、もう作られないのですね。残念です。 インスタックスもきれいに写りますね。チェキのほうが消費が多いですが、インスタックスのカメラも良いので使う事が多くなりそうです。

2011/06/15(水) 13:56:22 | URL | クマ [ 編集]


いま、買つておけば数年は使へますので、一度飽きるくらゐは撮れると思つてをります。
インスタックスとフォトラマはサイズだけが違つて、中は同じではないかと思はれます。

2011/06/20(月) 23:41:02 | URL | 汐干 [ 編集]

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。