スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告] #

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Permalink | Comment(-)

IMPOSSIBLE PXフィルムとの付合ひ方

2010/06/27(日) 22:25:42 [カメラやフィルム] #

px600は欠陥商品 px600は欠陥商品

Polaroid SX-70 w. tele1.5+ Impossible PX600FF

前回の続き。製造元 The Impossible Project が公表した対策通りに、PX600FFフィルムで撮影後、すぐにシリカゲルと一緒に密封容器に入れておいた。途中で交換もした、しかし一週間もしたら褪色が目立って来た。結晶も生じ始めてゐた。上で10日目である。乾燥剤では褪色(製造元のいふ the Killer Crystals)は防げない。ちなみに撮影時には気温30度で排出後にフィルムを冷やしてみたりしたが、かなり赤い写真だつた。温度と関係するかは知らない。ともかく結論として、私にはこのフィルムは使へないといふことだ。

px100 px100

Polaroid SX-70 + Impossible PX100FF

同じときにPX100FFフィルムで撮影し、同様の保管をしたが、こちらは変化がさほど見られない。ただし、撮影時には露出補正を2目盛だけ明るいはうにした。まだ気温が低い春先に撮影したときとは、全く逆である。感度が温度に依存するのかもしれない。

PX100はまた買ふことになるだらう。フィルム排出後の遮光の手間を考へても、感度は低いはうが楽である。


これまでの記事(コメント欄含む)で、The Impossible Project に関しては、もう散々に言つた気がする。かなり虚しくなつてきたが、大切なことだから、もう一つ指摘する。例の液漏れの問題(彼らが呼ぶところの Loose Lamination Problem)が生じたとき、彼らは何と言つたか。

POSSIBLE SOLUTION の項に示してある写真をみれば一目瞭然。裏側で剥がれた縁をテープで留めてある。説明文では「これで何の問題もない」と言つてゐたのだ。そして、その一ヶ月後には、乾燥させるために、切れ込みを入れろとか、剥がせと言ひ出すことになる。明白に矛盾してゐる。前のは間違ひでしたと訂正もされてゐない。要するにこの人たちは、問題が起つても、その場しのぎに根拠もない対策を示して、あとは知らんぷりするのだ。


7月12日追記。この記事以後、PX100FFでも結晶が表面に現れて来たものが出て来た。また表面に出ないまでも、その下の層で結晶が生じてゐるらしく、表面に鳥肌状の凸部が現れてゐる。気温のこともあり、少くとも当分PXフィルムは使はない。たぶん、そのうちに売れなくて消えるだらうから、もう使ふことはないだらう。


PXフィルムに関して、「ポラロイドフィルムForever」による以下の報告が公開されてゐます。是非ご覧ください。

Permalink | Comment: 9

Comment


結果論ですが、今回のフィルム再発売に関してほとんど信用してなかったので、静観していたのはある意味正解だったと思っています。
ポラロイドへの愛情はあるかもしれないけど、商品開発や商売という意味では素人ですよねぇ。。。
しかもこんな状況なのに、フィルムが出るよというところはカメラ雑誌などで煽っておいて、問題がある点はダンマリなんじゃないかな、現時点では。。。 いかがなものか。。。

イルフォードから供給を受けている原材料がダメなら別の方法なり材料を模索するとか、どうにもならないならフジフィルムに業務提携なりなんなりするとかドラスティックな解決法を探すべきだと思いますけどね。

本家ポラロイドがチェキを売る時代なんですけどね(苦笑)

2010/06/28(月) 11:38:48 | URL | つくちゃん [ 編集]


このフィルムは、アサヒカメラがレビューを載せてゐましたが、未完成で使ひ物にならないと、言ひ切つてゐました。全然写らないと。
このフィルム独特の使ひ方を理解してゐない部分もあるのですが、SX-70互換フィルムとして売つてゐる以上、正当な評価です。
もつとも、この雑誌の読者には関心の薄い商品だと思ひますが。

富士が今から手を出すことはないでせうね。計画当初に、すでに協力の打診はあつて、社内で検討、却下したのでは、と想像します。

伝統あるILFORDの名が、この「フィルム」の箱にあるのは、いくらか残念な気もします。
笑つてしまふのは、このフィルムの推奨使用温度です。17度から24度。これ、一般的なモノクロフィルムの現像温度そのものです。開発期間の短さから言つても、既製のネガをちよつとアレンジしただけなのではないか。

以前にも、チェキは、アメリカあたりで、Polaroid mioの名で、売られたことがあるやうです。なぜかすぐに消えてしまつた。

2010/06/28(月) 21:36:44 | URL | 汐干 [ 編集]


アサヒカメラはレビューしてましたか。それは見落としてました。
フィルムを再発するという触れ込みでカメラ雑誌もフィルムの無くなったカメラの記事を掲載してきた訳ですから、使い方云々の問題ではなく互換性がある商品でない限りはダメを出さないといけませんよね。
許容範囲は画質の解像度とか色味程度で微細な温度湿度管理、遮光箱、画像が一年も経たずに消えるというのは問題外でしょう。

基本的にはアサカメ、日カメの読者はポラに興味はなかったはずですが、なぜかフィルムが無くなる頃にSX-70の特集が組まれたので、手を出した年配の方や町の中古カメラ屋さんなどがいるんです。彼らは若い人みたいにネットで情報収集するわけでもないので、かなり楽天的というか遅れた情報をお持ちで。。。大丈夫かいな~という感じでして。。。

富士に関してはライセンシーするにしても高額過ぎて手は出せないでしょうけどねぇ。。。いずれにせよ、今とは違う発想で作り直す方が、はやい気がします。

今はPolaroid300の名前で出てますが、
mioを知ってる人たちは、mioと同じフィルムパックだねぇ、と言ってますね(笑)

2010/06/29(火) 07:42:31 | URL | つくちゃん [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010/06/29(火) 09:59:01 | | [ 編集]


どうも夏には、カラーフィルムを発表するさうです。大逆転があるかもしれません。期待はしませんが。

つくちゃんも、PX100は使ってみてはどうですか。全くダメといふわけではありません。
排出後の遮光、露出調節に気をつければ、何とかなります。

2010/06/29(火) 14:36:41 | URL | 汐干 [ 編集]


前言を取り消します。
PXフィルムはいづれも全くおすすめできません。

2010/07/07(水) 20:46:02 | URL | 汐干 [ 編集]

すいません。
すいません、PXフィルムの続編なのですが、ほぼ最後まで執筆しましたが、肝心なことをやっていませんでした。それは「ピーリングして乾燥させる」です。この行為はインテグラルフィルムにおいては”インテグラルフィルムの意味を持たない”と思いやっていなかったのですが、やっぱりとことんやってみようかと。
ちなみに、ピーリングから10時間経ってますがまだ完全に乾いていません。(汗

2010/07/10(土) 23:35:51 | URL | PFF [ 編集]


10時間といふことは、自然乾燥なんでせうが、それにしても水分が逃げにくい。
ある程度、積極的な乾燥をしたはうがいいのか、どうか。
PX600FFよりはマシですが、PX100FFでも、結晶が生じますね。
画面に現れるものも一部あります。さうでなくとも、ぷつぷつと表面に鳥肌が立つ。はがしてみると、ネガ部で結晶がおきてゐる。
もう気温のこともあるんで、PXフィルムに関しては、晩秋以降まで相手しないことにしました。
そこまで、販売が続くかどうか。

2010/07/11(日) 09:19:54 | URL | 汐干 [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

2011/01/13(木) 22:26:55 | | [ 編集]

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。