スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告] #

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Permalink | Comment(-)

無言の感情

2010/04/19(月) 22:31:17 [箱の中から] #

箱の 眺め

何かを感じて、それを表す言葉が思ひうかぶのを待つことがある。たいていは切れ端すら兆すことがない。ただ待ち過ぎたため、かへつて印象に残つてしまふ。さういふ感情が、塵が積るやうに心に溜つていく。箱の中の写真の束はまるで、それを形にしたやうにも見える。あらためて手にとつてみれば、ある種の傾向は認められるかもしれないが、まだ言葉はやつて来ない。

Permalink | Comment: 2

Comment


タイトルと写真と文章とが見事にひとつに解け合っていて、とても素晴らしく感銘を受けたのですが、どうコメントをつけてよいものやら・・・
何か観想めいたものを書いてもかえって野暮になってしまうなぁ、どうしようどうしよう、と思っているうちに一日たってしまいました。

右側の写真は不思議な背景ですね。

2010/04/21(水) 23:39:18 | URL | きなこ [ 編集]


どうもありがたうございます。
客観的にみて、こんな写真を撮つてどうするんだらうと途方にくれます。かけてゐる金だつて馬鹿にならない。
趣味だ、表現・藝術だ、で済めばいいが。それでもなくて、これは私の「感情」:思ひつき、心の動きと関係してゐるとしか言へない。しかし、それがどうしたと、自問して返事に困つてゐる。

右の写真は晴天下で、公園にある、手入れされた庭園で撮りました。古くなつたフィルムのせゐで、絵具を塗ったやうになりました。

2010/04/22(木) 10:01:02 | URL | 汐 [ 編集]

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。