スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告] #

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Permalink | Comment(-)

そこに顔があると思へ / コダック EK4

2009/02/11(水) 23:59:19 [カメラやフィルム] #

プロペラ 船

折れた クレーン

台 赤潮

タンク 岸

コダックEK4を使つてゐるのだが、これが面白い。ファインダーの中にオレンジ色の円が浮んで見えてゐる。人の顔にちやうど合ふやうにしろ、といふことなのだ。レンズの前後に合せて、大きさが変るところが楽しい。ポラロイドのカラーパックにも、同じ理窟でファインダーに印がついてゐたが、あれは固定だつた。

寸法が分つてゐる物の見かけの大きさによつて距離を測るとは、昔からある方法だらう。しかし顔の大きさも形も人それぞれだから、大した精度は出ない。大きく間違へないための目安である。レンズ周りの距離目盛りを見ながら目測でピントを合せることもできるが、これでファインダーを見ながら合せることもできるのだ。いかにも記念写真用のカメラである。

人を撮るための仕掛けなのだが、ゐないときにはどうするか。そこに顔があると想像して、円を合せるのもひとつの方法、とまで言へるかどうか。ともあれ、水に、船首に、誰ともつかぬ曖昧な人面を思ひ描いてみたのである。

Kodak instant camera EK4 + Fujifilm FI-800GT(expired)

Permalink | Comment: 3

Comment


上段右の写真には確かに顔がありますね。
ちょっとユーモラスな。

2009/02/12(木) 23:37:01 | URL | ちびた@k.k [ 編集]


顔を思いうかべながらピントを合わせる事は無いですが、顔に見えるものシリーズで撮影始め、挫折した事が有ります。ドアノブ、クルマのフロント、何となく顔に見えてきます。
コダックのインスタントカメラ、探すとなかなか見付からない物です。

2009/02/13(金) 10:45:41 | URL | クマ [ 編集]


人の顔といふのは特別な形のやうです。赤ん坊が最初に見る、見分けるのは母親の顔でせう。そこから始まつて、顔には敏感です。たとへば何十年も会つてゐないのに、知つてゐる顔は一瞬で思ひ出す。
意識せずとも、物を見るたび、そこに顔(目、鼻、口)を探してゐるとさへ思へます。

この場合は、そこには似たものさへないが、あるとすれば、これくらゐの大きさになる、といふ妙な想像であります。

コダックのインスタントカメラは法的に存在を否定されたもので、無くて当然。その割りには残つてゐる。しかも使へなくもない。そこが面白い。
とつくに忘れ去られたカメラですが、世界一の「写真」メーカーが本気で売らうとして作り、実際売れたものです。今さらではありますが、使ひ、語る価値はあるはずです。

2009/02/14(土) 00:23:42 | URL | 汐 [ 編集]

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。