スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告] #

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Permalink | Comment(-)

最後のFI-10LT

2008/09/07(日) 00:35:29 [カメラやフィルム] #

船2 船3

手に入れたがすでに古く、使ふつもりもなく放つておいた、富士写真フィルム社製FI-10LTを、コダックに入れてみた。ダメで元々である。十枚出してみると、全く何も現れないものに混じつて、一枚二枚、絵が出てくるのがある。かういふこともあるのだ。次はどうだ次はどうだと、期待以上にストレスを感じながら、三本を使ひ切つて、数枚写真が得られた。FI-10LTによる写真はこれが最初で最後。元々の色は分らないものの細かいところまで線がみえる。FI-800GT(ACEも同じ)の光沢面に対し微粒子面である。

2004年8月期限のフィルムが入つた袋には、FI-10LT販売終了のご案内といふ文が貼つてある。これによると、販売終了は平成16年3月である。このフィルムのためのカメラ(フォトラマFシリーズ)はすでに1987年3月に販売終了で、15年以上経過してゐるから理解してくれ、とある。そして代りとして、インスタックス[ワイド]をどうぞ、と。Fシステムとインスタックスの間には800とACEがある。三度のシステムの変更を経る間、富士フィルムは旧式カメラのためのフィルムを供給し続けたことになる。

船1 ロープ

Kodak EK8 + Fujifilm FI-10LT(expired)

Permalink | Comment: 5

Comment


FI-10フィルムを使うカメラ、結構見かけます。FI-800GTフィルムを入れてもちゃんと写らないことを体験してしまいました。懲りずにAceフィルムもカートリッジ入れ替えても駄目。FI-10フィルムって感度も違ったんですね。
チェキ・フィルムも保存状態に拠るのでしょうが、期限を過ぎると急に画が出なくなるフィルムが増えますね。

カメラ生産終了後のフィルム供給態度、感心しました。

2008/09/07(日) 21:42:04 | URL | クマ [ 編集]


いよいよインスタントフイルムの終焉も近づいてきましたね。世紀の大発明もデジタルによって幕を下ろすときがきたのですね。

2008/09/08(月) 05:08:44 | URL | nanbuya [ 編集]


FI-10はISO160ですね。カメラをやめてから、よく15年以上も作つたものです。
もつとも、ポラロイドもSX-70カメラをやめてから、そのためのフィルムを10年以上供給してゐます。

nanbuyaさん、富士フィルムはまだインスタントカメラを売つてゐますよ。フィルムはまだまだ続きます。

2008/09/08(月) 10:28:58 | URL | 汐 [ 編集]

ACE、FI-800GTの販売終了です
こんにちは。

富士は2010年をもってACE、FI-800GTフィルムの販売を終了するそうです。同フィルムを使用するMX800、MX900の修理受付もおそらく終了するでしょう。

同時にピールアパートも、白黒からほぼ撤退とのこと。カラーは需要があるのでしょうが、経済状況を考えるといつまで販売を続けられるでしょうか。

2009/07/21(火) 14:01:11 | URL | 吉田 [ 編集]


いつ終つてもをかしくはない状況なのはたしかで、だからこそせいぜい使つてゐますが。
今のところ誰が言つたか判然としない話なんで何とも言へません。すぐに発表されるでせうけどね。

2009/07/22(水) 10:14:53 | URL | 汐 [ 編集]

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。