スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告] #

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Permalink | Comment(-)

チョコレートフィルムの感度

2008/07/13(日) 09:27:57 [tip] #

今月末にチョコレートフィルムの使用期限が切れる。ところがまだ売れ残つてゐるやうなのである(A-Power: チョコレートフィルム)。同じ期限で、やはり終りとなるSX-70BLENDフィルムのはうは消えたのに。やはり80シリーズフィルムはそれほど需要はなかつたか。それにしても勿体ない。最後の最後になつたが、これについて知るだけを言ふ。

パッケージには感度がISO100で、現像時間は1分間とある。しかし実際に使つてみると、感度はもつと高い。下は露出時間を固定し(1/250秒)、絞りをF8、11、16、22と変化させて撮影した。露出計ではISO100に対して、F8が適正と出た(つまり晴天下)。

チョコレートフィルムの感度

露出「オーバー」でも白くとんでしまふわけではないので見られなくはない。F8のものがお好みの人もゐるだらう。が、それはそれとして、F11からF16あたりが標準的な「適正」露出となる。つまり感度はISO200から400の間と考へると使ひやすい。

Colorpack、EE100、Propackなどの自動露出カメラを使ふときは注意が要る。これらは、フィルム感度の設定が、80か3000しかない。どちらかを選んで露出補正ダイヤルを「暗い」か「明るい」か、いつぱいに回したところが「標準」になり、一枚ごとの露出調節の幅は狭くなつてしまふ。表現の幅を得たければNDフィルターか、モノクロ用のフィルターでも、レンズの前に付けるといいかも。

現像時間については、1分間でいいのだが、2分、5分と時間をかけたものも試すとよろしい。ムラ、色調が変化する。好みで選ぶ。(画面で見せるとあんまり分らないので実例は略)

以前にも記したが、スタンダードフィルム専用のカメラ、フィルムバックでも、80シリーズフィルムは、フィルムパックを少し加工することで使へなくもない。私は小型のニッパを使つて、二ヶ所の出つ張りを削つて押し込んでゐる。かかる時間は数分といつたところである。販売元の説明では、カメラ側を加工せよとあるが、数本を使ふだけなら、こちらのはうが楽である。ただしカメラには多少傷がつく。

ボート 出漁

左は1/250秒、F11。右は逆光で水面が強烈に輝いてゐた、1/500秒、F32。

Polaroid 185 + Chocolate film

Permalink | Comment: 2

Comment


貴重なフィルムで実際に試された露出、善く解りました。F
11位が好みな露出です。

チョコレートフィルムはとうとう試す機会が有りませんでした。

2008/07/16(水) 12:59:39 | URL | クマ [ 編集]


一通りの試し撮りをしたはうが結果的には無駄なく使へます。
これは、まだ今からでも使へなくはないよ、と勧めるための記事です。

2008/07/16(水) 20:36:28 | URL | 汐 [ 編集]

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。