スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告] #

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Permalink | Comment(-)

藤田一咲『ポラロイドの時間』

2006/05/07(日) 18:00:03 [文献] #

藤田一咲『ポラロイドの時間』(2006年、エイ出版社)は文庫本の後半が「ポラロイド図鑑」になつてゐる。そこが見たくて、ちよつと前に買つた。図鑑は壮観である。見飽きない。藤田氏の作品にもなかなか佳いものがある。まづまづ満足できた。

誤つた記述がある。肝心なところなので一応指摘。28ページの「SX-70のしくみ」の説明文より:

シャッターを押すと光はファインダーへ向かう部分をカットされフィルムへ。フィルムに向かう光はミラー にあたり、フレネルレンズを通って左右を逆にして写される。

シャッターを押すは「シャッターボタンを押す」の慣用的表現だからしかたがないが、フレネルレンズを通して写真を撮るとは常識からしても、ありえない。それでは同心円模様が写真に出てしまふ。フレネルのパターンはファインダーで像を観察するときに見えてゐる。これはレンズといふよりフレネルミラーで、その面上の像を観察しながらピントを合せる仕組みである。これは撮影時には使はれず、上に跳ね上がる。レンズから入射した光は撮影用ミラーだけを介してフィルムへあたる。撮影用ミラーはフィルムパックを抜いて、中をのぞくと見える。

ちなみにフレネルミラーの画像はTHE HACKER'S GUIDE TO THE SX-70の「分解」のコーナーで見られる。渦巻き模様がピカピカ光つてゐるのが分る。

別の記事:『ポラロイドライフ』も、ちよつとアレだつたも参照。

Permalink | Comment: 0

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。