スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告] #

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Permalink | Comment(-)

箱の中の風景

2008/03/08(土) 21:35:54 [箱の中から] #

土 漁港

神社 テトラポッド

写真を始めたころ、どんな写真を撮つてゐますかと訊かれると、答へに困つた。どうせ世間話のついでなんだから、相手が愛想で言つてゐるだけなのは承知である。適当にそのへんの物を、とか、カメラをいぢるのが楽しいだけで、とか、それで済ませた。実際、そんなもんである。いはゆる風景写真を撮らうと思つたこともある。景色の美しいところへ、朝まだ暗いうちから、三脚や交換レンズ数本持つて出かけたこともある。しかしこれは続かなかつた。

最近は「散歩写真」といふ言葉が、それなりに使はれてゐるのか。これは丹野清志が最初に使つた言葉だと思ふ。丹野の『散歩写真入門』といふ本を図書館で借りて読んだのはかなり前のことだ。役に立つ本ではないが面白かつた。このブログのタイトルに「歩く」なんて入れてゐるのは、これの影響だつたかも。しかし「散歩写真」では、言葉の印象として、ちよつと気楽に過ぎる。たとへ客観的にはさうだとしても。

で結局、今は「風景写真」を撮つてゐるつもりでゐる。いはゆる風景写真ではないかもしれないが。景色のきれいな場所だけに風景があるわけではないだらう、と。

Fujifilm ACE ; FI-800GT

Permalink | Comment: 2

Comment

タイトルに惹かれて
「使えるよ」と言われてフォトラマAceのジャンクを入手し弄っている時、フォトラマで検索していてこちらに辿り着いた記憶が有ります。きれいに写るのに、結構素敵な雰囲気に撮れるのに何故かフォトラマをとり上げる人が少なく、疑問に感じていました。でもそんな事どうでも良くなってしまいました。タイトルに惹かれ、写真に惹かれて。
きれいな風景も撮ってみたいですが、やはり普段の練習も必要でしょう。特に私はしばらく撮らないと、希望どおりに写せない事が多かったです。せっかく気持が波立つ風景に出逢っても、暗すぎたりカメラに頼りすぎて色が出なかったり。そして面白い物に出逢うのは何故か歩いている時や自転車での外出の時。

2008/03/08(土) 22:44:28 | URL | クマ [ 編集]


いつもコメントをありがたうございます。
写真の中の風景は、ひとつひとつは現実と対応してゐるのでありますが、箱の中で積み上がるうちに別の世界の眺めになります。気になつたら、何でも撮らうと思ひます。

2008/03/09(日) 10:07:18 | URL | 汐 [ 編集]

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。