スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告] #

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Permalink | Comment(-)

タルコフスキーのコダック / Instant Light: Tarkovsky Polaroids

2007/10/28(日) 22:06:39 [写真集] #

アンドレイ・タルコフスキーの「ポラロイド写真集」:Instant Light/Tarkovsky Polaroids は、よく売れたみたいだ。大衆的人気はないにせよ、さすが有名映画監督なのだ。発表を意図して写した作品ではなささうで、身辺の眺めや家族・身近な人を個人的な楽しみとして写したもの、あるいは映画のアイデアをメモしたものか。霧の立ちこめる草地に木立の影。川のほとりの少年と犬。廃墟に佇む男。窓から差しこむ斜めの光。タルコフスキーの映画を知る人は、いかにも彼の藝術に相応しいと感じるのだらう。それだけでなく、さほど知らない人(私のやうに)にも素晴らしいものだ。作者の名前が無くても、私はこの本を手に取るだらう。

instantlight

タイトルにはPolaroidsとあるが、六十点の作品のうち十四点は、コダックのインスタントフィルム(PR10だらう)で写されてゐる。長方形の画面のがそれである。正方形はもちろん SX-70 Time-Zero である。どこにも書かれてはゐないが、この本は Tarkovsky Polaroids and Kodaks なのである。二つのフォーマットは違和感なく並ぶ。ポラロイドの黄ばんだ霧、コダックの金に輝く壁、それぞれの美しさがこの本から伝はる。

タルコフスキー監督の映画は、ずつと前に「惑星ソラリス」を観たら死ぬほど退屈で、それきりだつた。この本を買つてから、DVDで「ノスタルジア」をみた。期待通り、この本に近い映像があつた。本に出てくる物が映画にも登場した。美しい場面がいくつもあつた。しかしやはり、少なくとも「劇」としては、どうにも退屈。

関連記事:ひび割れたポラロイド写真 / Andrey Tarkovsky : Bright, bright day

Permalink | Comment: 9

Comment


 ショーン・コネリー主演の映画だったでしょうか。部分的には難解ですが、私には拳銃が徐々に錆びていく所が「武器よさらば」と言うテーマに見えました。
 ポラロイドをはじめインスタントフィルムの写真は「今」を封じ込める行為に感じます。私には今を振り返る大事な資料の一つです。

2007/10/31(水) 18:51:53 | URL | クマ [ 編集]


ショーン・コネリー主演は、ジョン・プアマン監督の「未来惑星ザルドス」ですね。さう言へば、タイトルが似てゐますね。しかし、こちらは、たいへんに面白い映画です。

2007/10/31(水) 20:04:52 | URL | 汐 [ 編集]


タルコフスキーの作品は映画関係者でも眠くなると言いますから、正しい反応?かと(爆)
映像的なステキさと物語としての作品と、そのあたりの兼ね合いは難しい。そしてパワーのある極上の作品であっても必ずしも興行的に成功しないのも悲しい事実でして。。。
「父、帰る」というロシア映画はヴェネチアで金獅子賞をとり、私はとある映画祭で観て「やられた!」と思いましたが、日本ではそれほど話題にならなかったような気がします。

東京では今、ウォホールのポラロイド・ポートレート展が開催されているようです。12月までらしいので終了するまでに絶対観に行ってこようと思っています。(日本ポラロイドのサイトに紹介あり。)

2007/11/01(木) 01:48:22 | URL | つくちゃん [ 編集]


映画はつくちゃんの得意のひとつでしたね。
若いころは結構いろいろ観たのですが、長いのがだんだん辛くなりました。今は三十分が限界、できれば十分くらゐでまとめて欲しいのですが。
ウォーホールはちよつと興味あります。

2007/11/01(木) 14:30:04 | URL | 汐 [ 編集]


 勘違いですいません。
 ロシア映画は見てないです。
ソ連の頃の「戦艦ポチョムキン」はVTRで見ましたが。冗長な所も有りますが、サイレントなのに何故か繰り返し見てしまいます。

2007/11/02(金) 11:23:40 | URL | クマ [ 編集]

観てきた!
ウォホールのポラロイド・ポートレート展、今日行ってきました。やっぱりいいですねぇ。一枚一枚は小さいですが、これらを元にインタビュー誌の表紙とか作ってたんだなぁと懐かしく思いました。(当時は毎月購読してましたから懐かしい!)
オリジナルポラは一枚1万ドルのお値段でした。ウォホールともなると今やここまで値が上がるんだなぁ。。。
1982年に原宿でシルクスクリーン買っておけば良かったなぁ。。。15万に怖気づいてものすごく欲しかったのを諦めたけど、良いお買い物だったことでしょう。あーあ。

この展覧会に展示されたポラが本になってます。既に発売されているのでチェックしてみてくださいませ。ギャラリーのウェブからも購入できるそうですし本屋さんでも買えます。

2007/11/09(金) 01:09:04 | URL | つくちゃん [ 編集]


どうも色々お話をありがたうございます。映画のこと、展覧会のこと、心に留めておきます。
では早速私も、とはいきませんけど。

値段は、ウォーホールの「一点もの」、ですから。さもありなん、と。

このところ部屋の掃除をしてゐます。六畳間に十年以上分の写真やら本やら何やらで、凄いことになつてしまつてゐまして。

2007/11/11(日) 20:09:28 | URL | 汐 [ 編集]


コダックはポラロイドから特許侵害で裁判に負けましたね。家の嫁さんは一時アルバイトでコダックのインスタントカメラのキャンペーンをやってました。

2007/11/21(水) 22:15:25 | URL | nanbuya [ 編集]


コダックのインスタントカメラは、すでに忘れられた存在です。しかし名のある人が使つて、今に残る写真があります。
タルコフスキーはコダックカメラで写したのだと、なぜか誰も言はないので、ここに記した次第です。

2007/11/22(木) 19:22:09 | URL | 汐 [ 編集]

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。