スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告] #

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Permalink | Comment(-)

夕日があたればすべてよし

2007/09/25(火) 21:57:27 [日々] #

漁船 消火器

日没 十五夜

Polaroid Procam + Spectra film

Permalink | Comment: 6

Comment


 最後の写真、良い感じで何処かで見たような気がしていました。そうしたらムンク氏が「入り江の夕陽」をテーマに幾つか画いており、同じ様に海に太陽が長く映るんですね。 海の無いところに居るので解りませんでしたが、これで納得できました。

2007/09/26(水) 23:04:02 | URL | クマ [ 編集]


これは、月ですね。残照のなかの満月です。月も、日の光を浴びて輝いてゐる、と。

反射が、長く棒状に見えるのは、波がほどほどにあるといふことです。入江なら普通の、ごく静かな波があるくらゐです。
当然、もし完全な凪で、波が全くなければ、日(月)と同じ大きさで円く写ります。波が荒ければ、また違つて見えます。
この写真でも光が途切れてゐますが、それで水面の状態が少しづつ違ふと分ります。

2007/09/28(金) 09:30:50 | URL | 汐 [ 編集]


 良く絞り込めたと思いましたが、月でしたか。勘違いでした。
 スペクトラカメラ(M、MS)で時々夜景も撮りますが、良く写りますね。
 スペクトラフィルムを使う簡易な折畳みカメラも有りますが、これはいつもストロボが光ってしまい、明暗コントロールも出来なくてつまりません。

2007/09/28(金) 22:53:28 | URL | クマ [ 編集]


露出時間が2.8秒間までありますから、人工の光源があり、目で見える程の明るさがあるなら写りますね。(スペクトラプロなら2分間)
実は「裏技」を使ふとバルブもできます。2.8秒間のうちに、フィルムの口を開くと、シャッターが開いたままカメラが停つてしまひます。好きなだけ開けて、フィルムの口を閉めれば、シャッターが動いて写真が排出されます。

どんなカメラにも、できることと、できないことがあります。さらに、できないことにも工夫で何とかなることと、どうしやうもないことがある。
たとへば、明暗コントロールができないカメラなら、それを使はずとも露出が合ふものを撮ればいい。どうしても調節したければ、適当なNDフィルターの切れ端が一枚あれば、プラスにもマイナスにもできます。
ストロボが光るのがイヤなら、そこを手か何かで隠せばいい(ちょっと熱くなりますが)
かういふことをするのは、また別の楽しみかもしれませんが。

2007/09/29(土) 23:46:50 | URL | 汐 [ 編集]


淡い夕日ですね。夏の刺すような夕日とは違う、秋を感じます。ポラロイド、不思議な世界です。

2007/10/04(木) 01:27:05 | URL | nanbuya [ 編集]


ありがたうございます。
日や月の光にいちばん季節を感じます。

2007/10/04(木) 22:35:53 | URL | 汐 [ 編集]

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。