スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告] #

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Permalink | Comment(-)

チョコレートフィルムの味

2007/05/23(水) 21:12:30 [カメラやフィルム] #

ホース タンク

ポラロイドの80シリーズフィルム終了の発表後にとつぜん登場の、チョコレート・フィルムを使つた。その名のとほり赤みの強いセピアといふか、茶色のモノクロである。80フィルムとの別れに甘い思ひ出を、といふことらしい。

網 ボート

最初の一枚を剥して驚く。色だけではない。写真フィルムとは生ものであり、薬液にまみれてできるものこそ写真だと、主張してゐる。甘いどころか、激しい。ほとんど、デジタル・イメージング万能の風潮に対するアンチ・テーゼか。

漁具 港口

露出により印象が変るフィルムのやうだ。露出オーバーにしても白く飛ぶことはなく、色づいてゐる。地に「がら」が現れ、青みの差したむらが出る。言葉では説明困難、コンピュータの画面では伝はりさうもない。ちよつと使つただけではよく分らない変なものだが、分らないままで終りさうな限定フィルムである。

参考:A-Power : チョコレートフィルム

Polaroid Colorpack 82 + Chocolate film

Permalink | Comment: 6

Comment

大人の味
まだセピアなど変わったフィルムや印画紙を使った事が有りません。甘いチョコレートは大好きですが、チョコレートフィルムはしっかりした写りで、苦味の有る大人の味がしそうですね。

2007/05/23(水) 21:44:56 | URL | クマ [ 編集]


セピアなどは、モノクロプリントを好みの色に調色するのが、基本になると存じます。と言つても、色の加減は難しい。モノクロームの色は基準がないせゐもあります。
これは、色はお任せなんですが、趣味的なフィルムですね。チョコレートとは後から思ひついた名前のやうで。写り自体は素晴らしい調子が出ますが、実用的な用途(試し撮り、証明写真)などには全く使へないものです。もう終りなんだからと、変なものを注文して、作らせた人がゐたわけです。

2007/05/23(水) 22:03:28 | URL | 汐 [ 編集]


色の好みもあるしちょっと使い方が難しそうなフィルムですね。
クロスプロセスと書いてあるけど
ほんとに変わったことを考える人が
いますね。

2007/05/23(水) 23:14:28 | URL | dejiphoto [ 編集]


「クロスプロセス」が正しい説明かちよつと疑問ですが、とにかく常識外れの組合せなんでせうね。
企画・販売者は、自分の実験室でいろいろ試してから、ポラロイドへ話を持込んだのかと想像します。

露出のかけ方、また、ネガを剥すまでの時間で、「味」が変るのでは、と印象を受けましたが、使ひこなせるやうになる前にフィルムは無くなるでせう。

2007/05/23(水) 23:39:09 | URL | 汐 [ 編集]


使われましたか!気になっていた製品でした。買う勇気がありませんが。。。ウチはカメラ自体不安定なもんで(苦笑)

この製品、私の想像(妄想?)では80フィルムの注文をかけたが、もう材料がないよ、違う番手(白黒とカラー)の素材が余っちゃってるけど。。。みたいなやり取りがあって、それ使って何か出来ないか試行錯誤したのではないか、と思ってます。
工場も素材の処分になるから作ってくれたのかもなんて、勝手に想像しているわけです。チョコ色になったのは偶然でしょうね。
見ための印象はネガフィルムのポジ処理に似た風合いでしょうか。

しかし、これだけフィルム製造を止めるのならサードパーティーにフォーミュラを払い下げて欲しい。。。そうすれば、カメラは生き残るのにねぇ。。。

2007/05/24(木) 08:12:04 | URL | つくちゃん [ 編集]


メカニズムは、一般向けの「ポラロイドフィルムの仕組み」を読んだだけの化学素人には、どうにも分りません。とりあへずの理解として、ネガが88なのでカラーの色素はある。それがバランスよくポジに現れるまでいかないが、モノクロとは言へ複雑な色合ひになつてゐる、でいいのか、どうなのか。

2007/05/24(木) 10:06:27 | URL | 汐 [ 編集]

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。