スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告] #

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Permalink | Comment(-)

流木の影

2007/05/20(日) 22:53:00 [日々] #

島 岩

汐干狩のひとにまじつて島へ渡る。桟橋に降り立つたとたんに飛沫を感じるほどの風に、上着のボタンを掛ける。そのまま磯伝ひにすすむが、やがて越える気になれない岩にぶつかる。

流木 流木の影

風で、水に近づき難い。唇をなめるだけで塩辛い。貝を漁る人びとは、波に身を浸して、岩の透き間をまさぐつてゐる。それに背を向けて、打上げられた流木や海草を眺める。

砂と波 船から

帰りの船で、海面の光につられてカメラを取り出す。押した途端に、甲板の半ばまで濡れるほどの波が飛込んできて。

Polaroid SX-70 + SX-70 film(expired)

Permalink | Comment: 4

Comment


こんばんは☆
70filmとの相性がとてもいい被写体達ですね、崖とか☆
現在残ってる70filmって全部もう期限切れなんですよね…。
まだ70filmで撮りたいものがあったのに残念です(´・ω・`)

2007/05/22(火) 00:26:21 | URL | しょっぺ [ 編集]


崖はいいですねー。それ越しに見上げた空の雲もSX-70に似合ふかな。
よぢのぼるのが、つらい年になつてしまひましたが。

30年続いたフィルムも、最後の日々を過ごしてゐます!

2007/05/22(火) 09:17:41 | URL | 汐 [ 編集]

潮風
潮風は精密機器にとっては大敵。
塩水が掛かってはカメラがかわいそうな気がします。
でも、カメラは使ってくれる人が持って歩いて使ってくれると活き活きするように見えます。丁度、飼い犬が主人と連れ立って歩くように。

2007/05/23(水) 21:38:24 | URL | クマ [ 編集]


波がかかったのは不意のことでした。今のところ大丈夫ですが、錆はしばらくしてから出ますので、まだ分りません。
あくまで道具ですから、撮ることが優先、それで壊れるなら仕方がないと考へてゐます。もちろん極端なことはしませんが。
以前、大切にし過ぎて高いカメラを駄目にしたことがあります。それ以来の方針なのです。

2007/05/23(水) 23:26:03 | URL | 汐 [ 編集]

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。