スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告] #

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Permalink | Comment(-)

渚に蠢く

2007/04/20(金) 23:46:06 [日々] #

竹に富士壺 沙蚕

干潟では小さな巻貝が、沙蚕にたかつてゐる。食はれるはうは、断末魔の踊り。

生物 貝

臓物のやうなものが、あちらこちらに打上げられてゐる。口らしきものがそれぞれ動く。初めてみる生物。何かは知らない。かなりグロテスクで、なかなか面白い。

Polaroid SX-70 + SX-70 film(expired)

Permalink | Comment: 4

Comment

こんばんわ^^
なんか、かなり気持ちわるいですねwもっとアップの写真が見てみたいですw

2007/04/22(日) 00:39:03 | URL | ♪TAKA [ 編集]


潮が引くたびに、色んな生き物が出てきます。面白いですよ。
つぎは、アップで撮つて、さらに気持ち悪くします! でも、あんまり寄ると、ピュっと、何かかけられたりして。

2007/04/22(日) 10:52:36 | URL | 汐 [ 編集]

命の始め
 春の磯辺は命に満ちている様子。
 最初の写真はボイラーの中の配管に付いたスケールみたい。富士つぼが配管に付着したカルシュームに見えました。
 巻貝の写真を見ながら、血液が銅の生き物たちで原始の地球からのおなじみさんたちという想いで見ていました。鉄を核にする血液の私たち、新参者だし、海辺の軟体動物に時折感じる嫌悪感は原始の生き物に対する恐れかも知れないなんて思いました。

2007/04/22(日) 14:43:43 | URL | クマ [ 編集]


昔を知る人によると生物の数は随分減つたさうですが、その水をバケツに一杯汲んだだけでも、そこに動くものを見つけます。恐れといふか、畏れをいだきます。

2007/04/22(日) 21:38:38 | URL | 汐 [ 編集]

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。