スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告] #

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Permalink | Comment(-)

期限切れの空

2007/03/16(金) 00:27:45 [カメラやフィルム] #

雲

有効期限の切れたフィルムは捨てると前に言つたが、ここまでくると貴重品である。何年も過ぎたフィルムだつて、たとへどんな色にならうがカメラが汚れやうが、撮るだけは撮つてみるべきだつたか。

古いSX-70フィルムは、ときとして劇的な情景を作りだす。それはフィルム内部で起つてゐることと、目の前の風景との二重写しなのだが、うまくいけば光や空気が変つてしまつたやうに見える。ただし、どうなるかは出てくるまで分らない。自分の意志で調節できさうにないが、何かやり方があるのだらうか。上のなんかはちよつと面白いのだが、一箱十枚のうちでここまで「光」が現れたのは、これだけだつた。

当然、液漏れがひどい。フィルム排出口の内側にべつとりと白いものが、たまつてしまふ。撮影のあと濡らした綿棒を隙間から挿し込み、こすりとることになる。

Polaroid SX-70 + SX-70 film(expired)


関連記事:期限切れのSX-70フィルムを回復させる方法(2009/09/07)

Permalink | Comment: 10

Comment


何か薄手の布から目の前の光景を透かしてみたような
そんな質感に変わってますね。
最初に見た時、どうやってるんだろうと思う前に
綺麗だなと感じました。インパクトが強いです。

2007/03/16(金) 09:50:14 | URL | Chou [ 編集]


SX-70フィルム独特の「表現」といつていいのか、激しい効果がでることがありますね。偶然まかせなので、結果を面白いと感じられたらそれで良し、といふことです。これは、まあまあでした。
まだ同じロットと思はれるフィルムがあるのですが、何か面白いことができないか思案中です。

2007/03/16(金) 11:41:32 | URL | 汐 [ 編集]

ゲージュツ
 期限切れポラは時にゲージュツ的に成るんですね。そう言えば600フィルムを一年入れっぱなしにしていたら電池が参ってフィルム排出がやっとに成ったことがありました。撮れた画はみんなアンダーでした。
フォトラマでは? まだ経験ありません。

2007/03/17(土) 14:42:20 | URL | クマ [ 編集]


カメラに入れたままは、フィルムに苛酷でしたね。電池の劣化も速いわけで。
今日たまたま、フォトラマの古いものを使つてみたのですが、全く絵が出てきませんでした。十の内一枚に薬が動いた染みが出ただけ。
やはり期限切れは何か期待するものではないやうです。

2007/03/17(土) 22:19:35 | URL | 汐 [ 編集]


このSX-70は何年モノですか?
SX-70の最終ロット(と思われる)フィルムは期限内でも、液漏れが確認されてます。漏れやすいみたい。

期限切れフジは液漏れしないけど、液が全体にいきわたらなかったり、画が出なくなる傾向があるみたいです。
似たフィルムではあるけど、やはりメーカーによって、違うんですね。

私の今の悩みは、ピールアパート機(カラーパック80)を使うと、半分は失敗する事。露出とシャッターを動かす電池から電気が上手く回ってないのかなぁ。。。高確率で真っ黒になります(泣)

2007/03/18(日) 10:05:22 | URL | つくちゃん [ 編集]


期限を五年半過ぎてゐますから、これだけ写れば立派なもの。
期限内のSX-70フィルムでの液漏れは経験あります。早くから保存に気をつけたものは安定してゐますから、やはり保存状態によると思はれます。箱に書いてある保管温度は15度以下ですから、日本の夏は厳しすぎるやうで。

半分失敗するではつらい! フィルムの値段を考へると、新しいカメラを手に入れた方がいいかもしれませんね。標準サイズも使へる機種で。

2007/03/18(日) 13:06:06 | URL | 汐 [ 編集]


5年半ということは2000年製造ぐらいのフィルムですね。一枚でも写れば儲けモノですねw
インスタントフィルムの保存は難しいです。冷蔵庫は入れないで!とポラ本社の方にも言われましたし、かと言って部屋に置いておくと夏場などは外出している間に20度は軽く超えて30度近くになることもあるし。。。

やはり半分失敗は辛いですよねぇ。。。80フィルムは限りがあるので、大事に使いたいのに真っ黒になるからキィー!!!となっちゃいます。
ポラホルガにしようかなぁ。。。

2007/03/20(火) 09:24:27 | URL | つくちゃん [ 編集]


恒温恒湿が保てる保管庫といふのは値段が高さうです。
湿気を避けて密封した上で、専用にした冷蔵庫で温度を管理しながら保存するのが現実的な方法でせう。ところがこの「管理」がなかなかたいへんで。凍らせたら終りですから。

2007/03/20(火) 20:42:59 | URL | 汐 [ 編集]


そんなに過ぎてても写るんですね。
スペクタルフィルムで2年ぐらい
過ぎてたのは出てきませんでした。
電池ぎれでしょうか。

2007/03/23(金) 00:07:15 | URL | dejiphoto [ 編集]


かなり限界は近いが使へた、といふ例ですね。五年も経てば全く使へないことも普通でせう。
期限切れの性能は、保管の状態に大きく依存すると思ひます。日本で普通の部屋に放置したら、二年でも厳しいかも。
フィルムパックの金属部分などが錆びてフィルムが引つかかることもありますね。
それから電池そのものがよくても電気が通らないこともあります。接点部(裏の円い二つの穴)が変形したためか、接触が悪いみたいで。
色々経験してますが、そんなときに、諦めずに、それで出来ることを考へて、楽しみたいものです。

2007/03/23(金) 00:31:32 | URL | 汐 [ 編集]

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。