スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告] #

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Permalink | Comment(-)

金魚

2007/01/24(水) 21:37:36 [polagram] #

金魚

金魚

ちよつと間が空いた。撮つてゐなかつたわけではないが、それがつまらないのである。行詰るといふほど大層なものでは、元よりないが。

で、気分を変へて、金魚と一緒に暗室に入つてみた。闇のなかでスイッチを押すだけである。絵柄は魚まかせ。気晴らしにはいい。

Polaroid 600 film

Permalink | Comment: 12

Comment


闇のなかでスイッチですか。
面白いですね。

2007/01/24(水) 23:28:49 | URL | dejiphoto [ 編集]


ランプの電源につけたタイマーのスイッチです。フィルムをむき出しにしてますので真つ暗。手探りでOHPシートで作つた豆腐みたいな水槽をフィルムに載せるのは、なかなかスリルがありますよ。

2007/01/24(水) 23:53:19 | URL | 汐 [ 編集]


すごいな、このトーン。。。
これがポラで撮れるなんて。
知らない人に私が撮りましたって見せびらかせたいくらいです(笑
既に写真を越えてますね。

2007/01/25(木) 11:22:24 | URL | めだか猫 [ 編集]


カラーのフォトグラムとしては、いちばん簡単でせう。フィルムと現像手段があれば、あとは有り合せの道具でやれますね。現像はカメラがそのまま使へる(暗いところだから安いカメラで)。ピールアパートならフィルムホルダーだけ。
あとは工夫次第ですね。

2007/01/25(木) 12:50:23 | URL | 汐 [ 編集]


手の平を太陽に透かしてみた時のような、そういう色ですね。
いつもの光と影で天候が感じられるような写真も好きですが
これはもっと「生きてる」感じがします。飽きないです。

2007/01/26(金) 19:31:18 | URL | Chou [ 編集]


寿命の切れかかつた引伸機のランプに、手持ちのフィルターを適当に突込みました。金魚らしく可愛らしい色になつたかな、と。
これはやる度に違ふ写真になるので面白いのですが、調整、試しを含めて2本使ひ切つたところで、止めました。

2007/01/26(金) 19:57:03 | URL | 汐 [ 編集]


やはり汐さん。
発想が違いますね。
説明されても想像すらつきません。

金魚任せの構図なんて
スリルがあっていいですね。

2007/01/26(金) 22:21:52 | URL | にこぺん [ 編集]


どうも有難うございます。
だいたいの絵柄は、ここのところ考へてゐたものです。半透明の石を買つてみたり。
実際やつてみたら、そこそこできました。これが並べてみると可愛いのです。

生物の動きをフォトグラムで写した作品は、前例が昔からあります。本で観ました。まねと言へば、まねなんですよ。小さな600フィルムでやつたところは面白い、かな。
魚の数と小石の数をそろへたところが、センスいいでしょ?(自分で言つてしまひます)

2007/01/26(金) 23:51:19 | URL | 汐 [ 編集]

こんにちは
先日はリンクの件のご承諾を頂き、どうもありがとうございました。新しいページにて公開させていただきました。
 フォトグラムをカラーで!ましてポラロイドで!というのがびっくりしました。
白黒の影絵遊び的な印象だったフォトグラムがもっと視野が広がった感じです。知識不足で定かではありませんが、白黒だとネガティヴのように色が逆になるイメージなのです。子供の頃、夏休みの実験で遊んだ遠い記憶です。こんなに可愛く綺麗に撮れるんですね。
すいません。去年の記事に今頃。とても興味があったもので。

2008/07/15(火) 13:41:41 | URL | TaKu* [ 編集]


ポラロイドフィルムでフォトグラムを作る人は多くはないけれど、珍しくはありません。カラーのフォトグラム、ポジのフォトグラムといふなら、今でも作る人は作ります。

やることは簡単です! フィルムに物を載せて、光を当てて、ローラーを通すだけです。
でも、何をどうするかは、自分で決めなければならない。「偶然」を介入させる、といふことも含めて。
ぜひお試し下さい。

2008/07/15(火) 21:50:10 | URL | 汐 [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/06/07(土) 11:47:28 | | [ 編集]

「ポラグラム」の露光時間の求め方について
光源の強さ、距離(要するに露光量)によるので、時間は一概に言へません。

適切な時間を探すには、時間を2倍、4倍と、倍々に変化させていくと効率がいいでせう。1秒、2秒、4秒、といふ具合に。
他の条件が一定になるやうにしないと、何をやつてゐるかわからなくなります。

2015/04/08(水) 16:22:48 | URL | 汐 [ 編集]

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。