スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告] #

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Permalink | Comment(-)

海へ上る階段

2007/01/14(日) 20:35:44 [日々] #

赤い線

岸を辿る道では、澄みきった空気のなかで、足もとの小石すら、意味あり気な影を伸す。切り崩された崖に引かれた赤い線が、自分の歩みとともに形を変へてゆく。

階段

堤防の上で俯いてゐるのに、それを見上げてゐるやうな心地がしてくる。風が強まり、雲が太陽を隠す。遠くの丘はまだ燦然としてゐるのに、自分の周りだけが暗くなつて、にはかに怖くなる。

船

Polaroid Spectra Pro + Image film ; SX-70 + SX-70 film

Permalink | Comment: 4

Comment


一歩一歩 歩を進めるごとに
変わっていく様子。
そして今きた道を振り返った瞬間の景色。
そういった物が今すごく大事に思えます。

海へのぼる階段 汐さんの写真を見ると
その情景が伝わって来るようです。

2007/01/16(火) 00:07:44 | URL | にこぺん [ 編集]


カメラを持つ以前の、子供のころの記憶のなかにも、通りすがりに見た、どうといふこともない景色が、いろいろあります。さうした記憶は表現する甲斐も、その方法もないのですが、時々思ひ出すくらゐには、執着してゐる。
そんな記憶が、こんな写真を撮りたくなる欲望の元になつてゐるのか、と思ふこともあります。

2007/01/16(火) 17:29:24 | URL | 汐 [ 編集]


場所としてはどの辺でしょうか?良い感じです。写真から場所を推測しようと思ったのですが。最近リンクの仕方を教わったので、張らせて頂きます。簡単だったんですね。

2007/01/22(月) 03:10:41 | URL | nanbuya [ 編集]


どうもありがたうございます。
私が撮るのは、ほとんど三河湾沿岸です。あまり写真向きではない地域ですが、孤独にやるには好いところです。

2007/01/24(水) 22:43:52 | URL | 汐 [ 編集]

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。