スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告] #

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Permalink | Comment(-)

SX-70 BLENDフィルムをポラロイド690で使ふ

2006/12/11(月) 12:12:36 [カメラやフィルム] #

船1 船2

(以前の記事:違ひは分つたか/SX-70 BLEND の続きです)

SX-70 BLEND フィルムを一本使ひ終へて、パックにかぶせてある「NDフィルター」を見たが、色はついてゐない。宣伝通りのNeutral Densityに見える(厳密には分光透過率を知ることが必要)。このフィルターは比較的簡単に取外せる。そこで二本目はフィルターを外して、ポラロイド690に入れてみた。フィルムパックはSX-70フィルムと同じだから、690に入れるときは下に何かあてる。

露出補正の必要もなく、感度600のフィルムである。やはりフィルムそのものの発色が600フィルムとかなり違ふ。フィルム本体が新規の設計なのである。空が派手な青になる。上の写真は、実物ではもう少し緑がかつた青緑だが、完全に青い。600フィルムのはうが見た目に近い。また、600フィルムでは黄ばんでしまふ白や黒が濁らず、くつきりと出る。

船3 ロープ

明るい状況だつたから、わざわざフィルターを外して使ふ必要もなかつたか。ただし曇天のときや、暗い場面では、十分に使へる手である。

外したフィルターは600フィルムに取りつけて、それをSX-70に入れてみた。これも簡単である。結果は昨日の記事の通り。ファインダーが暗くならず撮影は快適だつた。

Polaroid 690 + SX-70 Blend film

Permalink | Comment: 4

Comment


説明どおり、青みをプラスした乳剤を使用しているのですね。
690で使うと良さそうだなあw
一度買って減光フィルターをリユーズするのは、良さそうですね。
昨日のがそうだったとは、言われるまで気づきませんでしたが、暗くならないのは良さそう。
(ウチはBOXだから関係ないっちゃあ関係ないんだけど。)

今日、80フィルム少し仕入れてきました。すでにだいぶ少なくなってて慌てて1ダースほど。。。
期限の長い新しいのを漁ってきましたが、どうなることやら。ちょっと前までは山のような在庫だったのになあ。。。

2006/12/12(火) 04:02:46 | URL | つくちゃん [ 編集]


フジなどのフィルターは結構高い。質は落ちるでせうが捨てるのはもったいない。それ目当てにフィルムを買ふほどではないですが。
このフィルムは、製造は600フィルムと同じくオランダのポラロイドでせうが、企画・販売元はオーストリアの新興の会社(ポラロイド好きがやってゐるやうです)です。世界には行動力(資金力も)あるマニア(でせうね)がゐるものです。

1ダース、さすがだなあ。それだけ撮り切ったときに、まだ撮りたいと思ったなら成功です! つくちゃんなら大丈夫ですね。

2006/12/12(火) 09:36:03 | URL | 汐 [ 編集]


うわさのSX-70 BLENDフィルムですか?

いろいろと状況を変えた撮影、とても
参考になります。まだまだ知識不足と
資金不足のわたくしですが、おいおい
試してみようかな、と思います。

それにしても先日はじめてsx-70フィルムを使ってみて
改めてファインダーってほんとはこんなに
見やすかったんだ!と今更ながら感動してしまいました。
カメラのファインダーってとっても大事なものなのに
むりやりファインダーにNDフィルターをつけるというのは
ストレス感じますね。

2006/12/15(金) 12:46:05 | URL | にこぺん [ 編集]


ファインダーにNDフィルターを付けたいわけではないのですが、一眼レフですから撮影レンズに付ければファインダーも暗くなるのは当然ではあるし、それが一眼レフならではの長所なわけで。
でもファインダーの中の像を見る楽しみは大きいですからね。いまだにライカやローライフレックスの人気があるのも、それが理由でせう。
SX-70のファインダーは、すべてのカメラの中でも屈指のものです。これを発明した人は天才です。楽しみませう。

2006/12/15(金) 22:37:58 | URL | 汐 [ 編集]

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。