スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告] #

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Permalink | Comment(-)

今さらの寸感/SX-70フィルム

2006/09/30(土) 21:20:15 [カメラやフィルム] #

海

Polaroid SX-70 w.Tele-Converter x1.5 + SX-70 Film

SX-70フィルムはそんなに使つたことがなかつた。私のポラロイドカメラはジョイカム、690からで600フィルムのはうが馴染みである。690でSX-70フィルムを使つたりもしたが、実を言ふと、こんなに沢山撮るのは製造中止の発表があつてから。カタログでもずいぶん前から隅つこにしか載つてゐなかつた。ある時期には、全く載つてゐなかつたりさへした。無くなるのを惜しむ声が多いが、対応するカメラを作るのを止めてからの時間を考へると十分だらう。SX-70フィルム対応カメラは箱型も合せて、膨大な数が作られ、売られたにせよ(SX-70が一年に百万台売れた年もあるやうだ。総計で一千万台以上?)。ポラロイド社は代りに600フィルムを使へと言ひ続けてきたのだ。

今の技術水準(フジ製品も含めての水準)からみると、使ひこなすのが難しいフィルムだと思ふ。600フィルムと比べて感度が低いこともあるが、どういふ時にどういふ色になるのかよく分らない。昼間なら、たいてい青ざめて写るのだが。しかし驚くほど豊かな、深みのある色が出ることもある。このあたりを追究するにはもはや遅すぎた。

またカメラが古いせゐもあるだらうが「むら」が出やすい。上の写真は光の筋みたいだけどムラもある。何かと不安定なのだ。(ミラーについたゴミの影も出てゐるが、これはどのポラロイドカメラでもありがちなこと)

壁

Polaroid SX-70 + SX-70 Film

Permalink | Comment: 6

Comment


SX-70というフィルム、本当に特性がつかみ難いです。ジャンク箱で救出したbox型の1000を使用してますが、露出計がオーバーなようで、絞って使ってますが、自分なりにいい塩梅に写るのは半分ぐらい。在庫限りのフィルムだから、ジャンジャン練習も出来ずじまい。なくなる前にもっと買っておけば段階露出できたかしら。
いずれにせよ、来年1月までの有効期限。秋の日をたくさん写すしかなさそうです。ポラに憧れつつ、挑戦するのが遅すぎた。。。

2006/10/01(日) 06:54:10 | URL | つくちゃん [ 編集]


考へてみれば、その場で現像、ネガポジ変換までしてしまふわけですから、結果がそろはないのも当然なんですよね。特に殆ど屋外・自然光で使ひますから。それにしても予想がつかない。
値段が値段ですからね。なかなか使ひつづけられませんよ。もう後がないと分つて、やつと本気になれました。

2006/10/01(日) 09:20:43 | URL | 汐 [ 編集]


確かになくなったのは残念だけど
よく今まで作ってくれたとも思います。
むらは空とかを写した時よくわかりますね。
SX-70がそんなに作られたのは知りませんでした。

2006/10/02(月) 23:39:24 | URL | dejiphoto [ 編集]


SX-70システムは写真史に残るどころか科学技術の歴史に残る大発明です。
そのフィルムが終るのですから、もつと専門家か、せめて写真家が、何かを言ふべきなんです。(私の耳に入らなかつただけかもしれませんが)
手元の古い「写真工業」に1975年1年間でSX-70が約100万台売れたといふ記述があります。ちよつと信じがたい数字ですが、さうならば、BOX型も含めれば総計で1000万台以上は確実でせう。特にアメリカでの普及率はたいへんなものだつたと想像できます。
それが今になつて輸入されて、ヤフオクに出てくるわけですね。

2006/10/03(火) 00:25:24 | URL | 汐 [ 編集]


デジタル全盛の時代にポラロイドはどうなるのでしょうか?

2006/10/08(日) 21:43:34 | URL | nanbuya [ 編集]


あまり先行きは明るくないのです。これから需要が大きく増えることはないし、ポラロイド社に画期的な新製品を開発する力は既に無い。採算が合ふ限り現行のフィルムを作つて、あとは消滅でせうね。あと五年はあるでせうが、十年もつかどうか。
といふわけで、遊ぶなら今だけなんです。デジタルカメラを使ふ暇なんて、ありませんよ!

2006/10/09(月) 01:55:39 | URL | 汐 [ 編集]

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。