スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告] #

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Permalink | Comment(-)

手の上の淡い夢 / IMPOSSIBLE PX70 を使つてみる

2010/08/05(木) 23:18:40 [カメラやフィルム] #

IMPOSSIBLE PX70ff test IMPOSSIBLE PX70ff test

IMPOSSIBLE PX70ff test IMPOSSIBLE PX70ff test

Polaroid SX-70 + Impossible PX70 Color Shade/First Flush

7月末から発売されてゐる、Impossible社による新しいSX-70用カラーフィルム:PX70 Color Shade/First Flushを使つた。今までのこともあるから、発売されたことに意義があると、多くは期待せずに。

淡いといふか、薄いといふか。とにかくコントラスト、彩度が低い。暗めの青インキを薄めて描いた絵に、ところどころ、さらに薄めた絵具を塗つたやうな感じ。いはゆる「眠い写真」どころか、ほとんど眠りこけてゐる。これが効果的になる場合もあらうから、かういふフィルムもあつて良い。しかし、これだけで終つては困る。

IMPOSSIBLE PX70ff test IMPOSSIBLE PX70ff test

IMPOSSIBLE PX70ff test IMPOSSIBLE PX70ff test

モノクロのPXフィルムと同じく、排出直後から現像中は光に当てるなと、また面倒な要求がある(もう慣れたが)。大切なことだから何度でも言ふが、これが解決されない限り、インスタントフィルムとしては未完成品である。PXフィルムは、ポラロイドカメラに対応しきれてゐないことになる。明るい場所で現像の進行が観察できることは、1972年に登場した、SX-70システムの決定的な特長であり、自己現像型インスタントフィルムの必要条件だ。(つまり、PXフィルムを使ふ人が、この「未完成」を補ふ必要がある)

モノクロPXとは違ひ、使用温度範囲は示されてゐない。上はここ数日の猛暑のなかで使つた結果である。肝心の保存性について、メーカーは「不明」としてゐる。Impossible社による説明ページは以下:

スポンサーサイト

Permalink | Comment: 2

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。