スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告] #

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Permalink | Comment(-)

鵜の聲

2009/05/26(火) 21:17:06 [日々] #

花 丸太

スポンサーサイト

Permalink | Comment: 2

コダックのインスタントカメラのまとめ

2009/05/23(土) 09:18:59 [カメラやフィルム] #

この「ブログ」で一番関心を持たれてゐるのはコダックのインスタントカメラについての記事である。質問も来る。外人からも来る。webで見る限り他にほとんど情報がないからだ。今までの記事を一覧とし、さらに付け加へる。


最初の話。試してみたら使へた。

フィルムについて。FI-800GTを使ふには工夫が要る(重要)

Jサイズ電池について。珍しい形だが入手可能だ。

EK8について。ドイツ製のレンジファインダーカメラ。

EK4について。コダックの特徴が最も濃いカメラ。

有名人が使つてゐるのに誰も指摘しない。可哀相なコダック。

以上がこれまでの記事。一番肝心なことを以下述べる。


コダック抜きにしてインスタント写真は語れない。ポラロイドはコダックとの関係がなければ成功することは無かったし、富士フィルムはコダックの規格を受け継いでゐる。インスタント写真といふ技術の衰退期にあつて、古びたコダックを手に、歴史を振り返り、未来を思ふのは意義深い楽しみなのだ。

ところが、今さらだけど、あまり強くは勧められない。まともに動く物が少いのである。たとへ未使用、美品でも壊れてゐる。部品が劣化してゐるのか。プラスチック部品はたしかに脆くなつてゐる。フィルム排出口の遮光板はパリパリ折れる。フィルムはそつくりの規格で作られてゐるにせよ、FI-800GTでは微妙に合ないのか、力が掛かるやうで動いてゐたのが途中で壊れてしまふ。質問を下さつた方からもその後、うまくいつたといふ報告がない(ダメだつたとはある)。ただし、Flickrには使へたといふ人(私のやり方を読んだ筈)もゐるから、全滅ではない。

また、動いたとしても、使ふ甲斐があまりない機種もある。特に後期のものではレンズが今一つだつたりする。デザインも最初の三機種(EK4、EK6、EK8)にまさるものがない。どうせ富士フィルムを使ふのだから、結果だけを求めるなら、カメラもフォトラマで良いのである。

全部を触つたわけではないが色々試した結果、比較的状態が良いものが手に入り、使つて満足したのはEK4とEK8である。

※コメント欄に貴重な情報が寄せられてゐます。ご覧下さい。

跡 跡

Kodak EK4 + Fujifilm FI-800GT(expired)


※2010年6月2日 追記:FI-800GT フィルムは2010年5月に出荷終了となつた。

Permalink | Comment: 13

椰子のある海岸

2009/05/21(木) 23:09:00 [日々] #

海岸

Permalink | Comment: 2

岩に花

2009/05/19(火) 21:32:00 [日々] #

花 花

いつもの場所、同じ花の前

花 花

探せば小さなものがいたるところにある もう終り、まだ早い

花 花

去年、蛇を見た場所

Permalink | Comment: 0

2009/05/19(火) 00:23:28 [日々] #

跡 跡

跡 跡

Permalink | Comment: 2

河口の橋

2009/05/16(土) 00:45:46 [日々] #

堤と橋 囲ひ

来るたびに堤は少しづつ新しくなつてゐる。

抉られた雉 漁船

雌の雉の屍骸が横たはつてゐた。腹に穴がある。心臓を抉られたやうな。少し余所見をしてゐるうちに誰が持ち去つたのか消えてしまふ。

Permalink | Comment: 0

町の眺め

2009/05/14(木) 23:41:24 [日々] #

割目 材木

線路 支へ

これも昨日のうち

Permalink | Comment: 2

2009/05/13(水) 22:00:45 [日々] #

橋 橋

町なかの運河にそつて歩く。

橋 橋の仙人掌

橋ごとに見下ろすが、ただ黒い水。

閘門 材木

材木屋が多い。

Permalink | Comment: 2

線とその影

2009/05/09(土) 23:17:50 [日々] #

繋留 船

船 道から

Permalink | Comment: 2

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。