スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告] #

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Permalink | Comment(-)

壁を過ぎる

2009/04/30(木) 22:14:33 [日々] #

壁

管 17

スポンサーサイト

Permalink | Comment: 2

2009/04/28(火) 23:46:12 [日々] #

palmtree

Permalink | Comment: 0

岸辺の形

2009/04/16(木) 22:45:25 [日々] #

海上のロープ 椰子

足下に水母がゐる。やがて遠ざかる。

Permalink | Comment: 6

実際は白

2009/04/13(月) 23:20:57 [日々] #

白い花

その公園によつたら藤棚に白い花が咲いてゐた。花瓣の形は藤なのだが、長く垂れることもない。名前は知らない。白藤でいいのか。

白い花

少し桃色がかつて見えるが実際は白。

Permalink | Comment: 2

定義により即席 / Pivi

2009/04/04(土) 20:38:19 [プリンター] #

松葉貝海綿縦縞磯巾着膝皿貝

デジタルカメラで撮つても、Piviが作るのはインスタント写真である。つまりフィルムが露光されてローラーを通ると、現像液の入つた袋が破れてそれが行き渡り、写真が出来上がる。ポラロイドの発明した基本形がインスタント写真の定義なのである。

(使ふ人間がやつてゐることはあまりinstantではない。後でまとめてモニターで眺めて、選んだらカメラの機能でトリミング。で、やつとカメラにプリンターをつなぐ)

Piviには融通がきかないところがあつて、極端なことはできなささうである。破綻のない写真にするために、これの中で画像処理をやつて平均的な絵にしてゐるのだ。画像処理には前回の記事の通り、negativeなイメージをフィルム上へ結ぶためにデータの諧調を反転させることも含まれるが、明るさや諧調もそろへてゐる(明るさについては全体で平均を取つてゐるみたいな印象)

Fujifilm V10 + MP-300

Permalink | Comment: 5

Piviのフィルムをチェキに入れるとどうなるか

2009/04/04(土) 00:32:36 [カメラやフィルム] #

piviフィルム piviフィルム

Pivi専用フィルム(instax DIGITAL)は、チェキ用フィルム(instax mini)と同寸法である。入つてゐるカートリッジに窓がなくて、画面の角が丸いことはすぐ気がつく。さらに出来上がつたプリントをよくよく見ると背面(露光される面)の色が微妙に異なる。フィルムそのものも違ふのである。これをカメラ、つまりチェキに入れて、普通に撮つたらどうなるのか。上に示した通り、写された対象に対して明暗が反転した、negative になる。

最初の一枚には驚いたが、探してみると富士フィルムが公表してゐる技術情報に、これの理由は書いてあつた。

「迅速現像化技術」のところに説明がある。難しい言葉を省いて要約すると:「従来のインスタックスフィルムはポジ画像形成が必要であり、フィルム内でネガポジ反転の機構を必要としてゐたが、この反応に時間がかかつてゐた。インスタックスデジタルフィルムではこのネガポジ反転機構をデジタル処理で行ふ。フィルムでの反転機構を省略して再設計し、迅速化を達成した」とある。つまり、Piviフィルムをカメラで写すとネガのまま出てくるのは、Pivi用フィルムにはネガポジ反転させる機能が備はつてゐないから、といふことになる。

Piviフィルム反転 Piviフィルム反転

※Photoshop Elementsを使ひ「デジタル処理」によつて諧調を反転させた。

もし試すなら、暗室内でpiviフィルムを拔き出し、チェキフィルムの空カートリッジに詰替へるだけである。カートリッジの遮光が不完全になるから、カメラへの装填まで暗室内で行つたはうがよい。

Fujifilm instax mini 7S + instax Digital film

Permalink | Comment: 3

空き部屋にて / Joycamのこと

2009/04/02(木) 23:50:29 [カメラやフィルム] #

空き部屋

主の去つた部屋があちらこちらで目につく今日この頃。

手持ちの500フィルムが盡きた。期限が04/2007だからこれでいいのだ。忘れ去られる前にまとめる。このフィルムの大きな特徴は、上下と左右とで、対称な形をしてゐることだ。自己現像型インスタントフィルムの中でもこれだけである。処理液を容れたポッドとは反対側に、同寸法の余白が付いてゐるのである。見た目好ましく、複数の写真を並べる際にも面白いことができた。

これは、使ふためのカメラ:JoyCam(海外での名称はVisionまたはCaptiva)の都合が先づあつたと思はれる。撮影後のフィルムは、カメラ内で裏返しにされて、カメラ底面にある窓付きの写真収納室へ収められる。この余白は画面を保護しつつ、安定してフィルムを送るために必要だつたのではないか。現像後にカメラ外へ写真を出さずにカメラ内に溜めるといふカメラの構造と同時に考へられた形。それでもフィルムがカメラ内で詰まることはあつたのだが。

もはや、このカメラは永遠に「空き部屋」になるが、この構造のおかげで、専用フィルムの代りに一般的な写真フィルムを使用できる可能性がなくはない。覗き窓をふさいで遮光すれば、寸法を合せて切りそろへたシートフィルム10枚撮りのカメラになるのではと思へてくる。一枚づつ適当な台紙に貼付けて、出すのは暗室内ですれば何とかなりさうである。でも、そこまで手間をかけるほどのカメラ、レンズではないのだなあ。

Polaroid Joycam + 500 film(expired)

Permalink | Comment: 2

入江

2009/04/01(水) 22:05:26 [日々] #

入江

Polaroid Joycam + 500 film(expired)

Permalink | Comment: 2

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。