スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告] #

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Permalink | Comment(-)

閉ぢた家

2008/09/24(水) 21:15:44 [日々] #

入口 海の家

海岸 海岸

砂 海岸

スポンサーサイト

Permalink | Comment: 4

光のまにまに / instax mini 7S

2008/09/12(金) 20:31:26 [カメラやフィルム] #

繋留 缶 鎖

instax mini 7S をぼちぼち使つてゐる。チョコレート色のチェキである。これの面白みは露出を手で合せるところか。ストロボの自動調光はついてゐるものの、定常光のための露出計もない。天気マークで合せる。ISO800のフィルムに対して、シャッターが1/60秒固定で、絞りがF12.7、F16、F22、F32の4段階だから、細かいことはできない。とくにストロボが有効でない状況では、その場の「明るさ」が写ると思って使ふことになる。ここに示したものは絞りF32として、ストロボは手で隠してゐる。やはり光を強く反射するやうな部分はオーバーになる。

繋留 影 放置物

Permalink | Comment: 3

古い町で

2008/09/10(水) 21:41:43 [日々] #

路地 店

空家 柱

路地 路地

壁 鳥居

300 路地

Permalink | Comment: 6

最後のFI-10LT

2008/09/07(日) 00:35:29 [カメラやフィルム] #

船2 船3

手に入れたがすでに古く、使ふつもりもなく放つておいた、富士写真フィルム社製FI-10LTを、コダックに入れてみた。ダメで元々である。十枚出してみると、全く何も現れないものに混じつて、一枚二枚、絵が出てくるのがある。かういふこともあるのだ。次はどうだ次はどうだと、期待以上にストレスを感じながら、三本を使ひ切つて、数枚写真が得られた。FI-10LTによる写真はこれが最初で最後。元々の色は分らないものの細かいところまで線がみえる。FI-800GT(ACEも同じ)の光沢面に対し微粒子面である。

2004年8月期限のフィルムが入つた袋には、FI-10LT販売終了のご案内といふ文が貼つてある。これによると、販売終了は平成16年3月である。このフィルムのためのカメラ(フォトラマFシリーズ)はすでに1987年3月に販売終了で、15年以上経過してゐるから理解してくれ、とある。そして代りとして、インスタックス[ワイド]をどうぞ、と。Fシステムとインスタックスの間には800とACEがある。三度のシステムの変更を経る間、富士フィルムは旧式カメラのためのフィルムを供給し続けたことになる。

船1 ロープ

Kodak EK8 + Fujifilm FI-10LT(expired)

Permalink | Comment: 5

時々雨

2008/09/04(木) 19:19:45 [日々] #

水面 造船所辺

水面 水面

原つぱ

Permalink | Comment: 2

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。