スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告] #

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Permalink | Comment(-)

浮く壁

2008/07/30(水) 21:07:04 [日々] #

ボンベ 壁

幅が1mもない長い長い防波堤の先に釣り人がゐる。ライフジャケットもつけてゐない。突風でも吹いたらと思つたら、ゾッとした。実際、事故はある。さすがに自分はあそこまではいかない。

Polaroid Model 185 + Id-uv(expired)

スポンサーサイト

Permalink | Comment: 2

七月の浜独活

2008/07/14(月) 22:09:25 [日々] #

濱獨活七月 濱獨活七月

青々としてゐた浜独活も、すつかり黒ずんでしまつた。焦げたやうな姿は猛暑に似つかはしいか。

濱獨活七月 濱獨活七月

今は今の花が咲いてゐる。

鬼百合

Polaroid 185 + Studio 125i

Permalink | Comment: 4

チョコレートフィルムの感度

2008/07/13(日) 09:27:57 [tip] #

今月末にチョコレートフィルムの使用期限が切れる。ところがまだ売れ残つてゐるやうなのである(A-Power: チョコレートフィルム)。同じ期限で、やはり終りとなるSX-70BLENDフィルムのはうは消えたのに。やはり80シリーズフィルムはそれほど需要はなかつたか。それにしても勿体ない。最後の最後になつたが、これについて知るだけを言ふ。

パッケージには感度がISO100で、現像時間は1分間とある。しかし実際に使つてみると、感度はもつと高い。下は露出時間を固定し(1/250秒)、絞りをF8、11、16、22と変化させて撮影した。露出計ではISO100に対して、F8が適正と出た(つまり晴天下)。

チョコレートフィルムの感度

露出「オーバー」でも白くとんでしまふわけではないので見られなくはない。F8のものがお好みの人もゐるだらう。が、それはそれとして、F11からF16あたりが標準的な「適正」露出となる。つまり感度はISO200から400の間と考へると使ひやすい。

Colorpack、EE100、Propackなどの自動露出カメラを使ふときは注意が要る。これらは、フィルム感度の設定が、80か3000しかない。どちらかを選んで露出補正ダイヤルを「暗い」か「明るい」か、いつぱいに回したところが「標準」になり、一枚ごとの露出調節の幅は狭くなつてしまふ。表現の幅を得たければNDフィルターか、モノクロ用のフィルターでも、レンズの前に付けるといいかも。

現像時間については、1分間でいいのだが、2分、5分と時間をかけたものも試すとよろしい。ムラ、色調が変化する。好みで選ぶ。(画面で見せるとあんまり分らないので実例は略)

以前にも記したが、スタンダードフィルム専用のカメラ、フィルムバックでも、80シリーズフィルムは、フィルムパックを少し加工することで使へなくもない。私は小型のニッパを使つて、二ヶ所の出つ張りを削つて押し込んでゐる。かかる時間は数分といつたところである。販売元の説明では、カメラ側を加工せよとあるが、数本を使ふだけなら、こちらのはうが楽である。ただしカメラには多少傷がつく。

ボート 出漁

左は1/250秒、F11。右は逆光で水面が強烈に輝いてゐた、1/500秒、F32。

Polaroid 185 + Chocolate film

Permalink | Comment: 2

壁に沿つて

2008/07/12(土) 22:31:37 [日々] #

小屋 濱

壁 壁に影

壁越に 壁から

夏の夕方の光。遠くに祭囃子。吠える犬。演歌。

Polaroid Model 185 + Id-uv(expired)

Permalink | Comment: 2

赤い箱

2008/07/09(水) 21:18:51 [日々] #

漁港 テトラポッド

隙間 材料

倉庫 ブイ

赤い箱 籠

Polaroid Model 185 + Viva Color

Permalink | Comment: 2

泥をかぶつた草

2008/07/06(日) 18:06:55 [日々] #

柱 丸太

水 水

柱 舟

材木 泥

Polaroid Pronto!RF + SX-70 film(expired)

Permalink | Comment: 4

1200siのこと

2008/07/05(土) 21:33:22 [カメラやフィルム] #

埋立地

こんな写真だけでは何なので、今さらのカメラ話。

1200siはポラロイドカメラで最後まで残つたうちの一つである。かうやつて見せるとさうでもないのだが、レンズがひどい。ちよつと周辺にいくと細かいところが潰れる。色が滲む。多くのスペクトラと全く同じく、である。

スペクトラはファインダーや操作性はよくできてゐる。オートフォーカスは正確。背面をみると設定は一目瞭然。すっきりと四角い枠が見えるファインダーには距離表示まで出る、適宜の警告音も便利。しかし肝心のレンズがいけない。クインテックレンズ(一種の非球面レンズを光軸と垂直方向へずらしてピント合せをする)は発明だつたらうが、ここで止まつてゐては成功とは言へまい。気にしない人のはうが多いかもしれないが。

1200siは、最初のスペクトラからリモコン端子を省略し、外装の部品点数を減らしてゐる。もちろん1200フィルムに対応させてゐる(スペクトラでも1200フィルムは使へなくもない)。コストダウンした割りには安つぽくもなくて、それはいいのだが、基本的な設計が変らない。良いところはそれでいいが、悪いところもそのままである。最初のスペクトラと1200siとでは十五年の間がある。カメラといふ日進月歩の商品を売りながら、十五年間欠点の改良をしない会社が生き残れるはずはなかつた。

レンズに関して何もしなかつたわけではない。スペクトラプロはレンズをよくしたものである。これは、すつきり写る。しかし機能を盛込み過ぎて、操作性が信じられないほど煩雑になつてしまつた。ストロボを消すだけで三回もボタンを押さなければならない。露出補正は六回である。機能はそのままでレンズだけ変へればよかつたのに。

カメラにダメなところがあつても使ひ道を工夫すれば、楽しめる。ひよつとすると、それがゆゑに面白い写真が撮れる。といふのが私の方針だが、写真をあらためて眺めると、いらいらしてくるのである。今さらながら。

Polaroid 1200si + 1200 film

Permalink | Comment: 8

チェキ用フィルムをポラロイドカメラで使つてみる

2008/07/02(水) 20:22:39 [カメラやフィルム] #

Pola Parkで紹介されてゐた、nanaさんのブログ記事を読んだ。チェキ用フィルム(instax mini フィルム)をポラロイドカメラで使つた話:

フィルムの構造の違ひから像が左右反転するのは当然であるが、全く写らないわけではないだらう、とは思つてゐた。どの程度「使へる」ものか、自分も確かめてみる。

パ 蛇 柱

使用済の600フィルムケースを利用し、instax mini フィルム3枚入のフィルムパックを作つた。それをSX-70に入れて写してみた。ピントや露出は十分合はせられる範囲にあるが、現像が十分なされない。ローラーとフィルムとが合つてゐないのだから当然と言へば当然。

自動車

nanaさんの結果をみるとそこそこ現像はされてゐる。そこで、nanaさんはやり方を詳しく書いてゐないが、たぶんこんなことだらうと思はれることをやつてみると、現像はまあまあできた。しかし、これでは、あまり「インスタント」でないのである。

また気が向いたら遊んでみるかもしれない。工夫すれば、もう少しマシになるかもしれない。が、「チェキのフィルムは、チェキで使へばええやん」と強く思ふのである。

Polaroid SX-70 + Fujifilm instax mini film ; Polaroid one rossa ...

Permalink | Comment: 4

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。