スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告] #

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Permalink | Comment(-)

橋の下

2007/04/29(日) 21:18:14 [日々] #

窓 月

うかうかしてゐるうちに夕暮れ。

橋 水

橋のしたの防波堤まで来たら、日が沈んだ。

Polaroid Colorpack 82 + Type 87

スポンサーサイト

Permalink | Comment: 8

顕現

2007/04/27(金) 22:48:23 [日々] #

残骸

港の外れに棄てられた漁船が見るたびに原形を失つて行く。そこに、だんだんと新たな形が現れて来る。

船

たしかに初めて見たときから、いくらかほつれてゐたが、ここまでになるとは。

Fujifilm Fotorama Robo Ace + Ace film

Permalink | Comment: 3

渚に蠢く

2007/04/20(金) 23:46:06 [日々] #

竹に富士壺 沙蚕

干潟では小さな巻貝が、沙蚕にたかつてゐる。食はれるはうは、断末魔の踊り。

生物 貝

臓物のやうなものが、あちらこちらに打上げられてゐる。口らしきものがそれぞれ動く。初めてみる生物。何かは知らない。かなりグロテスクで、なかなか面白い。

Polaroid SX-70 + SX-70 film(expired)

Permalink | Comment: 4

ゆがんだ輪の影

2007/04/19(木) 22:55:34 [日々] #

輪 2

残骸 廃棄物

工場

Polaroid Procam + Image film

Permalink | Comment: 2

黒い水に群れる

2007/04/17(火) 22:02:04 [日々] #

材木

いつもの貯木場に来たのは日が沈みかけたころ。日輪は雲に霞んで、丸太が帯びる光も幽かである。その間の水はすでに闇のやうだ。木材と呼ばれるそれらも、かつて大地に立ち、生きてゐたのだから、ここは死に満ちた場所か。腹這ひになつて、光を探しながら、木と水に近づく。さうしてゐるうちに黒い水のなかに小さく白つぽいものが、犇めき、漂つてゐるのに気がつく。白い十字を上にして息づくやうに開いたり、閉ぢたりする、やつと硬貨よりも一回り大きくなつたくらゐの、水母だ。岸のどこから下を見ても、それらが群れてゐたのである。

Polaroid SX-70 + 600 film

Permalink | Comment: 2

ジョイカム95フィルムの謎

2007/04/15(日) 21:12:12 [カメラやフィルム] #

タンク

ジョイカムのフィルムは最初、95フィルムといふ名前だつた。あまり気にしないうちに、500フィルムと名前が変つてゐた。すでに一眼レフのジョイカムが終つてヒッパレーが売られてゐた頃、2000年発行のカタログを見ても、まだ95フィルムである。405も増えたのは最近なのだ。いつだつたか、ジョイカムのフィルムが改良されたといふ雑誌記事を見た憶えはあるし、使つてみたらなるほど色が良くなつたやうだと感じたこともある。

この写真は今日撮つたもので、六年前に有効期限が切れてゐる95フィルムである。期限切れらしい色ではあるが六年前とは思へない。それどころか何だか優しげな風情なのである。ちやんと十枚目まで引つ掛ることなく使へた。手に入れたのは最近だから、どんな保管をされてゐたかは知らない。それにしても期限切れフィルムのことは何度か話題にしてゐるが、奥が深いといふより、よく分らないのである。

たんぽぽ

Polaroid Joycam + 95 film(expired) ; w. Close-Up Lens

Permalink | Comment: 2

船をくぐる光

2007/04/14(土) 22:26:08 [日々] #

漁船 漁船

風が強く、影は濃い。水は黒く見えて、沖では波が白い皺のやうだ。

漁船 タイヤ

突風に指先から飛ばされたものを追ふ。それを拾ひ上げるときに、自分がここに来る前から落ちてゐた物と思はうとする。

船尾

あと一歩動くと飛沫がかかるところで、波が船と光を揺らすのを眺める。

Polaroid SX-70 + SX-70 film(expired) ; EE100 Special + Type 669(expired)

Permalink | Comment: 2

にほふ紫

2007/04/12(木) 21:57:08 [日々] #

ドラム缶 脚立

箱 管

殻 古雑誌

Polaroid Spectra Pro + Image film

Permalink | Comment: 0

見知らぬ花

2007/04/06(金) 22:17:09 [日々] #

桜花2

桜花1

この花を見れば多くの人が感じることを感じて、カメラを持つ人の多くがやることをしたくなる。美しいものを美しく、季節毎のきまり切つた写真だつて楽しいものだ。しかし、さんざん目に刷り込まれた「桜の写真」をなぞらうとして、なぞり損ねるのが落ちなのである。発見はない。

自分があてにならないなら機械任せに撮つてみる。ただ花にカメラを押し付けるだけ。枝を選ぶうち花瓣の輝きに目が眩んで文字通り闇雲に。見知らぬ桜花は写つたか。

Fujifilm Instax 500AF w. Close-Up Kit + Instax film

Permalink | Comment: 2

ぬかるみの四本足

2007/04/04(水) 16:45:56 [日々] #

柵 材木

海岸をふさぐ柵にたいてい破れがあるのは、釣り人の仕業である。だれもゐなければ、そこを進んでみることもある。

四つ足 錆びた足

海水が絶えず材木にかけられる。風向きが変れば、それをかぶることもある。

ロープ ワイヤ

風が強くなつて壁に張り付きながら歩く。

壁の穴 埠頭

Polaroid SX-70 + 600 film

Permalink | Comment: 0

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。