スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告] #

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Permalink | Comment(-)

今さらの寸感/SX-70フィルム

2006/09/30(土) 21:20:15 [カメラやフィルム] #

海

Polaroid SX-70 w.Tele-Converter x1.5 + SX-70 Film

SX-70フィルムはそんなに使つたことがなかつた。私のポラロイドカメラはジョイカム、690からで600フィルムのはうが馴染みである。690でSX-70フィルムを使つたりもしたが、実を言ふと、こんなに沢山撮るのは製造中止の発表があつてから。カタログでもずいぶん前から隅つこにしか載つてゐなかつた。ある時期には、全く載つてゐなかつたりさへした。無くなるのを惜しむ声が多いが、対応するカメラを作るのを止めてからの時間を考へると十分だらう。SX-70フィルム対応カメラは箱型も合せて、膨大な数が作られ、売られたにせよ(SX-70が一年に百万台売れた年もあるやうだ。総計で一千万台以上?)。ポラロイド社は代りに600フィルムを使へと言ひ続けてきたのだ。

今の技術水準(フジ製品も含めての水準)からみると、使ひこなすのが難しいフィルムだと思ふ。600フィルムと比べて感度が低いこともあるが、どういふ時にどういふ色になるのかよく分らない。昼間なら、たいてい青ざめて写るのだが。しかし驚くほど豊かな、深みのある色が出ることもある。このあたりを追究するにはもはや遅すぎた。

またカメラが古いせゐもあるだらうが「むら」が出やすい。上の写真は光の筋みたいだけどムラもある。何かと不安定なのだ。(ミラーについたゴミの影も出てゐるが、これはどのポラロイドカメラでもありがちなこと)

壁

Polaroid SX-70 + SX-70 Film

スポンサーサイト

Permalink | Comment: 6

釣人のやうに

2006/09/27(水) 18:55:33 [日々] #

錆びた棒

Fuji Fotorama Slim Ace + Ace Film

真昼の小さな漁港は静かだつた。しかし、そこに十人以上の釣人がゐる。暇な人たちがずいぶんゐるものだと言へる立場ではないか(いや私は少し寄つただけだ)。出入りする小さな漁船を眺めるのに、さほど待つこともない。網を繕ふ老人、赤児を抱いた奥さん。のんびりとしながらも賑やかなのだつた。

丘

浮きを見つめてゐるかと思つたら、うたた寝をしてゐる。竿をそのままに弁当を使つてゐる。供の犬と何やら話す。宙を行く魚を見るためには、あとどれくらゐかかるのか。

燈台

狭く長い防波堤を行つたり来たりするが、そこには何もない、いつもある物以外には。すでに数へきれないほど繰返された今日の光、今日の風のなかに見知らぬものを探して、やがてあきらめる。

Permalink | Comment: 0

数へられたもの

2006/09/24(日) 18:37:57 [日々] #

30

Polaroid JoyCam + 500 Film

Permalink | Comment: 0

棲処

2006/09/21(木) 18:46:18 [日々] #

廃倉庫

Polaroid JoyCam + 500 Film

漁港の隅の棄てられた倉庫。見られてゐる。

Permalink | Comment: 2

夕暮の形

2006/09/20(水) 19:36:53 [日々] #

夕陽

Polaroid ProCam + Spectra Film

船の形にとらはれてゐたが、かうして見ると、とりとめがない眺め。綱と堤と灯台が作る直角三角形が気になる。

Permalink | Comment: 2

ぶら下がるもの

2006/09/19(火) 20:16:52 [日々] #

ぶら下がる タイヤと鎖

Polaroid SX-70 + SX-70 Film

夕方になつて日が射してきたのに気づき、港へ立ち寄る。正面から光を浴びる錆びた鉄に、ぶら下がるものの影が、青みを帯びてゐる。立止り、それを見つめてゐると、息づくやうにゆつくりと上下に揺れてゐるのに、気がつく。

待つこともなく、日輪は赤く、輪郭を明瞭に見せる。船体の滑らかな部分は、ゆるく波打ち、輝く。光が消えるまでを見とどける。

港

Permalink | Comment: 0

波を眺める

2006/09/18(月) 19:53:16 [日々] #

荒波

Polaroid Joycam + 500 Film

遠い颱風の影響か、風は強く、波が高い。内海のことで大したものではないが、常とは違ふ眺め。この程度でも東映映画の幕が開いてしまふのは条件反射的聯想。かういふ日は、私には写真日和ではないのだ。潮吹きカメラを作りかねない。

岩場

Polaroid Spectra + Spectra Film

Permalink | Comment: 2

緑の壁

2006/09/14(木) 15:42:25 [日々] #

緑の壁

Polaroid Spectra + Spectra Film

どんより曇つて色もはつきり出ないが、それにしても、この建物は、前に見たときは黄色だつたやうな気がする。

Permalink | Comment: 0

日暮れてうつむく

2006/09/11(月) 20:33:12 [日々] #

貝殻

Fujifilm Fotorama Slim Ace

表に出ると強く臭ふ。水が赤茶けてゐる。赤潮だらう。それでも岸を歩くうちに鼻は慣れて、指先に湿り気を感じるだけになる。日が短くなつた。遠くでまだ光を帯びてゐる入道雲を見たが、すでに足下は青ざめてゐる。

Permalink | Comment: 2

人込みのなかで

2006/09/09(土) 23:31:23 [日々] #

驛

Polaroid I-zone + Pocket Film

用があつて大阪へ行つた。帰りの電車を一本遅らせて、できた時間に少し。※クリックで二倍拡大。

ビルヂング 影 屋根

大阪は何度も来たことのある場所で新鮮味はないし、かと言つて見慣れた景色でもないから、それを吟味、理解してゐるわけでもない。交通費がかかつてゐることで、何か取り返したいやうな気分でゐたのだな。

Permalink | Comment: 0

| HOME | Next Page »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。