スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告] #

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Permalink | Comment(-)

さらに無ければ無いで

2008/06/16(月) 23:59:31 [即席写真論] #

花 根元

11/06のSX-70フィルムだが、まだいける。フィルムの箱は風船のやうに膨らんでゐたが。同時期のものでカメラの中が大洪水になる場合もある。開けてみないとわからないものだ。何種類かのポラロイドフィルムで、あとしばらくは当りか外れかの籤引を繰返すことになる。でも外れなら外れで、それによつて見えるものもあるのである(と言ひ張るしかない)。ならば、さらに無ければ無いで、となるのかどうか。

日本でも、ポラロイドフィルム製造存続のための署名活動をしてゐるグループがある。

以下は少し広い視野でみた話。写真とは大量消費が前提の工業製品である。基本的に、いはゆるnicheとして生き残れるものではない。発明以来さういふ道具なのである。技術は、社会的有用性を失ひ、大衆の嗜好に合はなくなれば、捨てられる。効率・経済性に勝るものが残る。美しさや「味」は二の次である。たとへば、世界で最初に実用化された写真技術、ダゲレオタイプは、それより美しくはないが廉価で扱ひが簡単な技術に、あつといふ間に取つて代られた。写真の歴史は捨てられた技術、技法の墓場だ。

ポラロイドが藝術、表現の手段として優れてゐることを、最も積極的に示してきたのは、ポラロイド社自身、あるいは、ランド自身だつた。藝術家を支援し、一大コレクションを作り上げてきた。その志は販促以上のものがあつたのだらう。しかし、それだけを目的にフィルムを作り続けるわけにはいかない。

と、大きく言へば、ポラロイドが消えるのは必然なのだが、まだそれなりに惜しむ声もあるし、必要としている仕事もあるわけで、もうしばらくはどうにかならんのか、とは思ふ。

スポンサーサイト

Permalink | Comment: 4

始めの年に

2006/12/31(日) 20:19:59 [即席写真論] #

堤防

今年はよく撮つた。ほとんどインスタント写真ばかりである。去年まで少しづつ撮つた枚数をはるかに越える。量をこなさないと分らないことも多いと、あらためて思ふ。それを端的に言へば、インスタント写真、それも自己現像型フィルムを用ゐて、十分に「写真」は可能だといふことだ。「写真」とは、つまり記録であり、娯楽であり、表現であり、………。そんなことは、SX-70が世に出た1972年にはすでに明らかだつた。ポラロイド社は、最初からその積りで作つたのである。私にとつて今年は、遅ればせながら、それがよく納得できた年なのである。

夕陽に鳥の繪

Polaroid Spectra Pro + Image film

Permalink | Comment: 4

何故インスタント写真か

2006/09/06(水) 21:25:17 [即席写真論] #

境目

Polaroid SX-70 + SX-70 Film

なぜインスタント写真を好んで撮るのか、このところ思ふこと・考へてゐること。個人の趣味、藝術として。

  • 撮影をした、その時、その場で得られる。経験と写真とが強く結びつくことになる。
  • ただ一枚のオリジナルが得られる。何かの複製ではない、といふこと。
  • 写真として美しい。色、諧調、粒子、などポラロイド、フジそれぞれに。
  • 物として姿かたち、手触りが好ましい。表面の光沢、厚み、縁、程好い固さ。
  • カメラに個性的なものが多く、使つて楽しい。特にポラロイドカメラは独自のアイデアに溢れてゐる。地味ながらフジの完成度の高さも。
  • (デジタル化された)画像データが容易に得られる。

最後のは昨今の風潮へ「配慮」したやうな話だが、たとへばかうしてブログへ毎日写真を載せる場合でも、デジタルカメラを使ふよりストレスが少いと感じてゐる。

黄色

Fujifilm Instax 500AF + Instax Film

Permalink | Comment: 0

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。